2019年9月4日水曜日

プリンチピ年末コンサート 2019/12/20(Fri)

年末恒例の京都文化博物館でのコンサート、今回はイエス誕生を祝うクリスマスに向けて、聖母マリアを讃えるルネッサンス・初期バロックの歌曲を集めました。
同時期に活躍した作曲家による器楽曲もご紹介します。皆さまお楽しみに!

O MAGNUM MYSTERIUM   〜おお、大いなる神秘〜 16−17世紀 聖母マリアへの賛歌 日時:2019/12/20 (Fri)   18:45 start (18:00 open)
場所:京都文化博物館 別館ホール
チケット:前売3000/ 学生1500/ プリンチピ友の会2500/ 当日3500
ご予約・お問合せ:オフィス・プリンチピ・ヴェネツィアーニ
         Tel/Fax 075ー493−5262 principi-venetiani@hotmail.co.jp
メンバー: 進元一美/ソプラノ 上野訓子/コルネット 大内山薫/バロック・ヴァイオリン
        和田健太郎/サクバット 淡島宏枝/ドゥルツィアン  野澤知子/オルガン
        笠原雅仁/バリトン・テオルボ・ダイレクション
 


2019年8月2日金曜日

「16〜17世紀の宗教合唱曲を歌う会」        第6回演奏会のお知らせ


「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」第6回演奏会

Selva morale e spirituale
「倫理的・宗教的な森」
クラウディオ・モンテヴェルディ作曲

「倫理的・宗教的な森」 (1640~41年 ヴェネツィアにて出版)より
“Beatus vir qui timet Dominum" 
「幸いなるかな、主をおそれ」
“Confitebor tibi Domine” 
「主をほめまつる」
“Jubilet tota cibitas”
「すべての民よ喜べ」
 “Magnificat” 
「我が魂は主を崇め」

〈器楽曲〉
  Canzon a8 /F. Cavalli 
  8声のためのカンツォン/ F. カヴァッリ
  Sonata a10 /F. Cavalli 
  10声のためのソナタ/ F. カヴァッリ
                ほか

2019年11月2日(土)17時開演 (16:30開場)
日本基督教団 神戸聖愛教会

    演奏/「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」 
    指揮/笠原雅仁 

・料金
 <前売> 2,000円   <当日> 2,500円   <学生> 1,500円

・お問い合わせ&チケットご予約
 utaukai1617@yahoo.co.jp  (「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」実行委員会)

日本基督教団 神戸聖愛教会
〒651-0092 神戸市中央区生田町1-1-27
[新幹線・地下鉄]新神戸下車すぐ[市バス]布引バス停下車すぐ
JR三ノ宮、地下鉄・阪急・阪神三宮駅からは、
神戸市バス2系(阪急六甲行き)にお乗りください。

 
賛助出演:岡本雄一(テノール)、大内山薫(ヴァイオリン)、淡島宏枝(ドゥルツィアン)
企画・音楽指導:笠原雅仁 上野訓子 緋田芳江 大内山薫  松田洋介
主催:「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」実行委員会
協力: 神戸聖愛教会、神戸雲内教会   


 今年結成6年目を迎える「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」では巨匠クラウディオ・モンテヴェルディの
「セルヴァ モラーレ」と、同時期に活躍した作曲家の作品を取り上げます。この「セルヴァ モラーレ」は、
「聖母マリアの晩歌」(ヴェスプロ)やミサ曲などと同じくモンテヴェルディを代表するの宗教作品集です。
モンテヴェルディがヴェネツィアのサン・マルコ大聖堂の楽長をしていた頃に作曲され、タイトルページには
ゴンザガ家に献呈すると記されています。今回は40曲にも及ぶ宗教曲を収めた膨大な曲集の中から選りすぐった作品に加え、フランチェスコ・カヴァッリの器楽曲なども織り交ぜてご紹介したいと思います。聖愛教会の素晴らしい響きの中、声楽と古楽器によるアンサンブルをお楽しみ下さい。

ソプラノ
石井かおり 上木裕子 梶山言葉 梶山すみれ 辛川千奈美 岸田敬子 黒原みどり 
久保智江子 鈴木伸子 内匠敏子 武貞育子 仲美砂里 南部優子 中井緑 
林けい子 緋田芳江* 平田真理 古田千壽 三島由紀子 山川美奈子  

アルト
有田京子 石野順子 杉林貴子 直井妙子 渕田和子 宮田瑞江 山縣文

テノール        
飯野タケル 岡本雄一* 小栗献 西口信幸 松川泰廣

バリトン&バス
澤瀉久方 桂野龍太郎 杉木一郎 鈴木信司 東尾陽平 長谷川俊 山本敏雄

ヴァイオリン        ヴィオラ・ダ・ガンバ
大内山薫* 椎健太郎    萩野伊都子

コルネット             サクバット                        
上野訓子* 島本宗和 山縣満    小林篤 清水百合子 都築朋彦 南昌明   泰弘泰弘

ドゥルツィアン   オルガン        テオルボ
淡島宏枝*     小泉夏子 小林美紀   竹内茂夫    
                                      (*印はゲスト出演者)

《音楽指導》
(声楽と通奏低音)笠原雅仁  (器楽)上野訓子 
(声楽トレーナー)緋田芳江  (弦楽器トレーナー)大内山薫  (管楽器トレーナー)松田洋介


「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」
神戸松蔭女子学院大学宗教センターの主催で2014年まで毎年開催されてきた公開講座とクリスマスチャリティーコンサートの参加者が集まり結成。同年からは指導者と演奏者自らが企画、運営するかたちで「16~17世紀の宗教合唱曲を歌う会」として新たにスタートしました。これまでに、第1回発足記念演奏会としてモンテヴェルディ作曲「“その時”の主題によるミサ曲」を、第2回演奏会では同じくモンテヴェルディ作曲の「聖母マリアの晩課」を取り上げるなど、なかなか演奏される機会の少ない作品に取り組んでいます。また、練習会では当時の音律やピッチの事、当時の楽譜の読み方などを取り入れ、演奏する上で不可欠なルネッサンス後期からバロック初期にかけてのセオリーを楽しく学んでいます。 

2019年4月22日月曜日

サギタリウス350 ハインリヒ・シュッツ『ダビデ詩編歌』〜出版400年記念の日を祝して〜


ソプラノ歌手でプリンチピも大変お世話になっている緋田芳江さん率いる
古楽集団サギタリウス350の公演が今年も行われます。
今回は私たちプリンチピが器楽を担当、また毎年指導させて頂いている
「16〜17世紀の宗教合唱曲を歌う会」有志のメンバーが共演し、
神戸聖愛教会の空間を使ったダブルコーラスで盛り上げて下さいます。
今回、残念ながらプリンチピ友の会の割引設定はないのですが、
前売りチケットをご購入頂いた方には公演の前の週に行われる
プレトーク&公開リハーサルにご参加頂けるという特典付きです!
詳しくはチラシをご覧下さい!



「16〜17世紀の宗教合唱曲を歌う会」2019年新規メンバー募集開始!


FBなどでもアナウンスさせて頂いていますが、毎年秋頃にお手伝いをしている「16〜17世紀の宗教合唱曲を歌う会」。第6回目となる今年の演目はモンテヴェルディのセルヴァモラーレです。新規メンバー募集の要項が出来上がりましたので、ここに公開させて頂きます。神戸聖愛教会の礼拝堂の素晴らしい響きの中でモンテヴェルディの名作を演奏してみませんか!飲み会や合宿も企画中です!オーディションは6月8日(土)です。どうしてもご都合が合わない方のために録音での審査などの制度もあります。詳しくは募集要項をご覧下さい。奮ってのご応募お待ちしております!
 


 

2019年3月19日火曜日

笠原の留学時代からの友人で現在ドイツ在住のリュート奏者、高柳義生氏と企画したコンサートを3月に全国9ヶ所で開催する予定です。出演者は計4名で、笠原は歌、コルネット、テオルボ、ギターの持ち替えで参加します!メンバーは皆さん素晴らしい奏者で、大変珍しい組み合わせでの演奏になると思います。
関西では30日(土)大阪公演、31日(日))神戸公演の2公演です。
古楽ファンの方々にはもちろんの事、古楽を聴いたことがない方にもぜひご来場ください!




2018年12月11日火曜日

♪プリンチピ定期公演のお知らせです♪


2018年6月20日水曜日

【コンサートのお知らせ】

" Concerto delle Donne " 〜女性たちの奏楽〜


北イタリアの宮廷でルネッサンス時代より興った女性のみで編成された楽団。
レヴェルの高い演奏を求め、各地の宮廷では互いに競い合うために優秀な歌手や器楽奏者、そしてリュートやハープで弾き語りをする素晴らしい女性音楽家達が集められたと言われています。
今回のプログラムでは、その最盛期の歌曲をはじめ、その影響を大きく受けた作曲家らの作品をご紹介いたします!

日時:
7月22日(日)15時開演(14時半開場)
場所:日本キリスト教団  神戸聖愛教会

チケット:
当日3500 / 前売3000 / 学生2000 /
友の会2500

チケットお問い合わせ・ご予約:
オフィス・プリンチピ・ヴェネツィアーニ 
Email   principi-venetiani@hotmail.co.jp
Tel/ Fax  075-493-5262